上場祝いの胡蝶蘭の贈り方

胡蝶蘭は特に企業相手の贈り物として人気であり、上場祝いなどにはよく送られます。なぜなら、見た目が豪華で高級感があふれますし、幸福が飛んでくるという花言葉が縁起がいいこと、そして室内でも楽しむことができて長持ちするため、贈り物としてふさわしいからです。
胡蝶蘭を贈るには、マナーが重要です。まず贈るタイミングとしては、上場当日に相手につくように送付するのが一般的です。
上場する際には、その企業には多くの花が贈られますので、早めの時間帯につくように手配します。上場に際しては式典が開かれることもあります。その式典の始まる時間前に余裕を持って贈るようにします。会社と違うところで式典を執り行う場合は、式典会場につくように贈るます。花屋さんで手配する際には、場所や会場の名前、式典の時間などを伝えるようにします。
値段についても、少し高めになります。上場祝いというのは、会社にとっては何度もない重要な出来事になりますので、3万円程度の胡蝶蘭が一般的で、親密に取引をしている場合は5万円程度のものを贈ります。
最後に、胡蝶蘭を送る際にはお祝いの木札をつけます。たとえば 祝 一部上場 といったように赤い文字で書き、そこに会社の名前と代表者の名前を書きます。何人かで合同でお祝いの胡蝶蘭を送る場合は、一同というように名前を書きます。メッセージカードを添付することでもお祝いの意を表すことができますので、好評です。その場合は、まず相手先の会社名と社長名を書きます。そして、御上場、大変おめでとうございます、今後も御社の発展を心よりお祈り申し上げます、というような意志のメッセージを書きます。花屋さんで手配する場合は、文例一覧がある場合もあります。
上場祝いの胡蝶蘭