新しい家を買うというのは、人生の中でも非常に大きなシーンになると思います。そういったときには友人などから新築祝いが贈られるケースも多いです。新築祝いにはお花をあげるケースもあり、中でも胡蝶蘭は非常に利用されているお花になると思います。胡蝶蘭はこういったお祝い事には本当に重宝するお花で、見た目も綺麗ですし、お花を貰うと非常に嬉しさもありますよね。では、どうして胡蝶蘭を贈ると良いのでしょうか?胡蝶蘭はまさに新築祝いにはぴったりの品になりますが、それは胡蝶蘭に秘められた花言葉に由来していると思われます。胡蝶蘭の花言葉は「幸せの到来」です。これは蝶のように幸せが飛んでくる。といったイメージからついたものとされ、名前の通りの非常に良い意味になりますよね。新築祝いというのは、まさにこれからずっと住み続ける家を購入したことに対するお祝いなので、2人の生活を支える基礎となるものを手に入れた瞬間でもあります。結婚と同じくらいに新居を手に入れた瞬間というのは、これ以上ない幸せな瞬間ではないでしょうか?それが引き続き長く続くように、またはこの瞬間が本当に幸せであると思えるように、素晴らしい意味を携えた胡蝶蘭を贈ることは、シーンとしては本当に最適と言えるのではないでしょうか?また、「根付く」という意味もあることから、今回購入した家にずっと住み続けられるように、生活が安定するようにという意味も同時に感じられます。そういった2つの意味を合わせると、お花の中では胡蝶蘭が1番奨められるでしょう。そして、他のどんな品よりも、ここまでぴったりな意味合いを越えるものは存在しないと思われますから、新築祝いに胡蝶蘭を贈る人が多く、定番の品として誰もが選ぶのではないでしょう。

 

新築祝いの胡蝶蘭ギフト-http://kochoran-gift.jp/?page_id=43