店舗や事務所の開店として胡蝶蘭を贈る際は、贈るタイミングも重要です。せっかくの素晴らしい胡蝶蘭なのに、贈るタイミングを間違えてしまえば相手にかえって迷惑をかけてしまいます。
開店祝いの胡蝶蘭を贈る際は、必ず開店当日までに就くように贈りましょう。開店当日に華やかな胡蝶蘭で彩りを添えることができれば最高ですし、何よりの贈り物になります。
開店当日の朝、開店前に到着するように贈っても構いませんが開店当日の朝は準備や支度で何かと忙しく、胡蝶蘭受け取りが負担になってしまう可能性もあります。できれば開店前日にまでに到着するように送ると受け取りの負担も減り、胡蝶蘭を店内の良い場所にレイアウトする余裕も生まれます。
ただし、開店前日に贈る相手が店舗にいるとは限りません。不在の時間に贈ってしまえば再配達の手続きなどいろいろ面倒ですから、相手が確実に現場にいる時間を指定して贈りましょう。あまり早く贈ってしまうとせっかくの胡蝶蘭なのに花を楽しめる期間が短くなってしまいますから、良いタイミングを見計らってなるべく開店ギリギリに到着するようにしてください。
開店後に胡蝶蘭が到着するように贈ってしまうのはマナー違反です。必ず会時間までに到着するようにしてください。

 

胡蝶蘭の育て方・贈り方はこちら