開店祝いを贈るタイミング

懇意にしている方が開店される場合に送る胡蝶蘭、普段からそういった機会の多い方でしたら問題はないかと思いますが、中々一般的には触れる事がないので、いざその時になったら戸惑う方が多いです。胡蝶蘭を送る場合には、基本的には相手方から開店のお知らせがくると思います。胡蝶蘭を送るタイミングとしては、開店当日か、開店前日が一般的です。鮮度の問題もあるので、事前に送ると傷んでしまう場合がありますし、大きさによっては邪魔になってしまうからです。開店するお店の業種によっては当日は準備や業務が忙しい場合があるので、相手方の業種やお店の内容によっても少し異なってきます。基本的は前日に届く様に手配するのが、一番良いタイミングとなります。万が一当日になってしまった場合でも、極力午前中に到着する様に手配した方が好ましいです。開店時に間に合わなかった場合ですが、あまり遅くなってしまうと相手方が処理に困るので別の物を送る様に変更した方が良いです。まだ、そんなに時間が経っておらず、1日から3日位であれば問題はありません。お客さんを呼び込む様なお店であれば、開店直後は一番集客のある時なので、胡蝶蘭が飾ってあればお店が華やかになり相手方にも喜ばれ効果的です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*